magcupの日記

何でも引き付けるカップ、magcup

父の葬儀3(通夜)

一級葬祭ディレクターが来た! C.小山さん、とおっしゃる女性の方。今日はお通夜当日の打ち合わせである。最初の人に比べて大分てきばきした感じでビジネスライク。これから二日間にわたり、彼女と式を進めて行くのだ。


朝一でホテルを出立、実家の隣の駅で下車し、中村外科を探す。結構、駅から遠くて往生した。9時から開室でちょうどに到着。支払いの2万7千円を立て替え。ご愁傷様くらいは言ってくれても良いのにと思った。再び電車にのって自宅前の駅で下車。アークベルの人(三人目、これが一級葬祭Dの小山さん)を待つ。昼食は朝買ってきたパンと、家にあったプリンなんかで簡単に済ませた。
遺体の出発は二時頃。リムジンなので二名が一緒に乗車可で家の者を乗せる。自分と母親はその後、戸締りをして葬儀場へ向かう。三時頃より湯灌の儀式の予定。
ストレッチャーが仏間に入らないので、布団を縦に折って両側を持って玄関まで運んだ。次にストレッチャーで玄関、門扉を出て道路に置いてある台車に乗せ、それを車に収納。
以下、小山さんと打ち合わせたこと:

  • タクシーチケット(10枚)を1冊貰う。タクシー代はタクシー会社から直接、集金されるとのこと。
  • トータルの費用は70万(酒代は予想額)、タクシー代、お寺代は含まず。
  • お斎の席次のチェック、関係を伝えて、上座かどうかをチェックして貰う。
    • お斎の人数(料理)はお通夜が終了して八時までなら変更可。実際、亀4⇒3に変更になった。
  • 式の予定表(タイムスケジュール)を貰う。
  • 火葬場まで近いので出棺後、希望者は全員、火葬場まで行き、火葬開始を見届けて一旦、式場へ戻ると言うことになった。その後、火葬終了の連絡が入ったところで、お斎を抜けてお骨拾いに行くと言うスケジュール。母親がまた甥御さんに手伝わせようとするので謝絶、直系が行くものだからと伝えて納得して貰う。小山さんに骨上げは三名、と念を押す。
  • 喪主のスピーチ(4回)のうち、どれが一番重要か、聞いて見る。小山さん、即答で、通夜のときのものが、普段会われない方も来るので重要とのこと。逆に出棺のときなどは寒いので手短にとのこと。

(後記)
母親から実家の合鍵を預かった。靴べらに三本ついている。車庫(車は既になし)と玄関。もう一本は不明。(後記)あとで合鍵屋に見て貰ったら、うち二本は合鍵だとのこと。さらに1本ずつ合鍵を作製。

遺体を乗せたリムジンが家の者二名を連れて出発後、母親と戸締りをしてバスで葬儀場へ向けて出発。雨が強くなって来た。控室の奥の和室で湯灌を始めるとのこと。三通りあるとのことだが、一番普通なのはどれか聞くとシャワーだと言うのでそれを選択。湯船が運ばれてくる。末悟水の儀式(78年に母親が亡くなった際は病院で医師の元で行った)を行い、その後、シャンプーと髭剃り。シャンプーは自分の手でも少し洗ってあげた。その後、手甲、きゃはんを付け(立て結びにするらしい)、杖、頭陀袋、六文銭(紙製)を入れ、三角布は表情が変わるので装着せず、足元に置く。そして納棺。
その後、小山さんが見えられ、棺を式場へ運んで良いかどうか、また、式中でなくとも、見えられた人にお顔を見せて良いかどうかの確認。また、窓を開けっ放しにすると温度が上がってしまうのでそれは止めた方が良い。ろうそくは12時間くらい持つが、通夜後の早朝には消えているかも知れぬので交換の手順を聞く(結局、早朝、家の者が替えてくれた)。お花は自分と親族を入れて6本出た。仕事場から4本。一番高いのが上の方から来ていた。小山さんに順番をどうするか聞かれる。

5時半過ぎ、住職が見えられだので、アークベルでお茶を出したあとに挨拶に伺う(そういう手筈をアークベルから聞いていた)。費用の明細を貰い、また、住職にはお斎には出られないこと、お礼参では今後(納骨等)のことを話すとのこと。

通夜は滞りなく済み、戒名の説明は残念ながらなかった。確かに七文字で白木位牌上にはキリーク(阿弥陀如来)の梵字、誉号は享誉、戒名は賢祐善、そして位号は信士。

通夜の挨拶では生前の趣味などを紹介し、退職後、これまで好きなことをやってこれたのはみんな母親とそれを支えてくれた親族のおかげであります、と持ち上げた。その後、お通夜振る舞いに入り、まず方丈様にノンアルコールビールを注いで、母、祖母、Kちゃんとこれまでお世話になりました、特に母の葬儀では先代の方丈さまが自宅までバイクで毎週来られてお経をあげて下さり、私もお茶など出して差し上げた、とお話した。先代が亡くなられたのは八年前とのこと。Kちゃんの葬儀(2012/05)の際は既に亡くなっておられた。その後、酔っぱらって、Sちゃんに「俺もずいぶんとずる賢くなったものだろう」と言った気がする。また、何か遺言でもなかったかとSちゃんから聞かれ、「もう、昔から全部ほい、と言ってあるから」と言うと、そうだね、あんた自分のマンション持ってるしそれでいいんだよ、そして、だからあっちもあんなににこにこしてるんだわ。

皆さん帰られたあと、残った食事を少しいただき、部屋にも運んでもらってシャワーを浴びて就寝。明日は礼参もあるので飲めない。