magcupの日記

何でも引き付けるカップ、magcup

LEDキーライト購入

依然、いろいろ沢山買った記憶があるのだが、手許に一つもない。この前の楽天買い回りで三つ購入。

  • レッドレンザー LED LENSER KシリーズK2
    • 25ルーメン、LR44×4、970円
      • K1はLR41×4で12ルーメン
  • MS-03K オーム LEDキーライト 
    • 18ルーメン、ソーラー、620円
  • DOP-788(SL) ELPA LEDキーライト
    • 22ルーメン、充電式、400円

ついに出て来たバッテリー内蔵USBハブ

USB-Hub自体が電池を内蔵していて、周辺機器に電源供給できたら、とずっと思っていたが、ついに出てきた。アンカー(Anker)の、モバイルバッテリー・ハブ付き、である。バッテリーが主なのだ。

しかし、実はこれよりずっとずっと昔、サンコーサンワサプライから、USB-HUB211DSと言う先進的なガジェットが発売されている。magcupはシャープのZaurusや、Nokiaスマホ用にこれを購入し使おうとしたのだが、、、

  1. 機能があくまでUSB Hubなので、親機で認識しないと、周辺機器の充電が出来ない
  2. 内蔵バッテリー(単四eneloop)のeneloopへの充電が出来ない
    • 何と、カタログを見直したら、スイッチの切り替えで内蔵電池への充電は可能だった!
  3. 内蔵バッテリーが単四なので非力

と言うことで結局、殆ど使われないままお蔵入りになってしまった。

イヤホンのゴム表皮が加水分解

イヤホンの表面がベタベタになっている。久しぶりに取り出したURBANEARS(アーバンイヤーズ) MEDISの表面ゴムがべたべた化。ゴムの加水分解と言うらしい。ベタベタのまま使おうかとも思ったが、手持ちのアルコールを濡れティッシュにさらに付けてごしごしふき取った。普通のティッシュでは毛羽立ち部分がベタベタにくっついてしまうので、濡れティッシュの方が良い。このご時勢、消毒アルコールがもったいないのだがちょっと仕方がない。

URBANEARS MEDISは、Marshal Minorと同じ形状で、オープンタイプのイヤホンで気に入っていたのだが、もうディスコンらしい。Marshal Minorも、有線はなく、Bluetoothのみが売られているようだ。

VLCの動画再生で緑のノイズが、、、

VLCで高解像度の動画を再生したら、緑色のノイズが入るものがある。画面全体が瞬間的にパッパッと一瞬だけ緑色になる。検索すると、やまのように「動画の緑色のノイズ」がひっかかってくる。
とりあえず対処としては、下の二つを見つけた。

  • 別のソフトで再生(DivX等)
  • 「デインタレース」の設定をいろいろ変えて見る(とりあえずオフに)

nasが動かなくなったと思ったら、、、

メルコのNAS(LS-WSX1.0L/R1J)が、うんともすんとも言わなくなったと思ったら、、、

  1. LANケーブルがつながってないと確かにインジケーターが点灯しない
  2. 家のルータが2台あって、PCをつなげている方でない方に挿してあったorz

ルーターを2台パラレルにして使っている理由は、以前、ルーターが故障した際にとても大変だったから。

(父の想い出)全て外れている

父の言として覚えているのは、・そろばんは大事、・土地の値段が下がらない、・公社の債券は安心、の三つ。
今や、全て外れているが、非常に良い教訓(=年寄りの言うことは当てにならない)を与えてくれたと思っている。

そんな父の株に対する発言(昭和50年頃、つまりバブル前)は二つあって、

  1. 証券会社も最初は、ちょっとだけ儲けさせてくれるけど、じきにクズ株を掴まされる
  2. (だから)やっぱり、始めるときは良く知っている会社の株からだな。

そんなわけで、先週、Tポイントが二千を超えたので、ついに、SBIネオモバイル証券の口座を開き、お金も合わせて、シャープと東レの株をそれぞれ2株と4株買った。一株ずつ売ってくれるのは非常にありがたい。
どうしてこの二社にしたかと言うと、その昔、magcupはOh!MZと言う雑誌で、SHARPのパソコンやポケコンの紹介、そして、自分で作ったソフトウェアや、拡張ボードの記事、そしてエッセー(Between the lines)なんかを執筆・連載(大仰な!)していたのだ。奈良のシャープ本社や栃木のTV事業部にも直接伺って話を聞いたこともある。だから、とりあえず、シャープの株を買おうと決めていた。
東レの方、は高校の同級生で京大に進んだ秀才H君(親友)の就職先が東レだったからである。今はもう、偉くなり過ぎて子会社の社長になっているらしいが、心配なのは、彼と今、飲みに行って東レの話をしたら、インサイダで逮捕されるのだろうか?

Windows版KindleでAmazon.comとAmazon.co.jpに七転八倒

WindowsKindleを立ち上げると自動的にAmazon.comへ行ってしまい、そちらの情報(もちろん何も買っていない)とリンクしてしまう。Kindleのヘルプを見ても、

PCにインストールしログインしましたが、購入した書籍が表示されません。「ツール」-「コンテンツと端末の管理」を選択するとamazon.com(米国)にログインしてしまいました。しかし「オプション」-「登録」-「登録方法」で指定しているのは確かに「amazon.co.jp」です。何が原因でしょうか?
回答:申し訳ありません。amazon.co(米国)にログインしてしまう現象は当方では再現不能です。
投稿者: ten_ten、投稿日: 2019/04/07<<

とか、

amazonにログインする際のパスワードの違いでamazon.comamazon.co.jpを区別しているみたいです。もしかしてパスワードが同じだとamazon.comに入ってしまうとか、そういうことかもしれません。
投稿者: あかししん、投稿日: 2019/05/03

など、おまぬけ(失礼!)な回答ばかり。
結局、パスワードを変えてもダメ(米国AmazonのPINを短い名前にした)で、サイトからログアウトしてもダメ、アプリを一旦アンインストールしてもダメ、全くだめ。
正解は、WindowsKindleのOptionsでregistrationを選択して、レジスター先を指定する。つまり、co.jpや、comや、frなど、を選ぶ。

どうしてアプリをインストールしたいかと言うと、Windows Chromeのオンライン版のKindleではズームが出来ないので老眼の身には辛いのだ。

Amazon Assistantでなく、KindleForPC_55706.exe

Kindle Windows版は、まず、Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]¥0を購入設定し、「アカウントサービス>ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」でダウンロードする。Chromeに入れる拡張機能ではない。
他のアプリ、たとえばAmazonMusicInstaller.exeとかと間違えないように。必要なのはKindleForPC_55706.exeである。

ChromeをUpdateしてKindle対応

バージョン: 80.0.3987.132(Official Build) (64 ビット)
バージョン: 80.0.3987.149(Official Build) (64 ビット)
とupdateしたらオフラインで読めるようになるのかと思ったらだめだった。

電子書籍(Kindle)の時刻表(復刻版'80)をAmazonで

時刻表復刻版 1980年10月号
JTBパブリッシング
購入日: 2020年3月19日
価格: ¥763
注文内容
配信
削除
読んだ本としてマークする
ダウンロードしてUSB経由で転送
最後に読んだページを消去
今すぐ読む
コレクションに追加

(メモ)Amazonのセキュリティが上げられたらしい(自分で何か選択したのかも知れないが覚えていない)。メール配信で来る10分間有効のパスワードをまず入れて、その後、通常のパスワードを入力。

電子書籍版の時刻表(復刻版)は楽天で取扱いなし

つまり、Kindleebook版はあっても、KOBO版は無いと言うことらしい、、、。その昔、信越線が全線繋がっていて、寝台特急もバンバン走っていた頃の、時刻表が見たいのだ。ただそれだけ。
Yahooで大々的にebook電子書籍をフィーチャーしていて、初回40%オフとか言う甘言に惹かれかかったが、Amazonを覗くとkindle版は、ebooksのオフ価格よりも安い。やれやれ、、、

結局、ebookアプリを入れるのも面倒だったので、Amazonで購入した、¥763であった(ebook版は¥1,629)。そして、オンラインweb版で眺めて往時の想い出を楽しんだ。

えきねっとのSUICA登録はPCで

いよいよ、新幹線で「えきねっとチケットレスサービス」が始まった。モバイルSUICAなんかより百倍良い。ところが、、、、PCでは申し込めず、スマホが必要だと言う。
スマホでの申し込みなんて、、字が小さく、選択ボタンも小さく、じじいには何が何だかわからんのだ。いや、分かるのだが、間違いが多いのだ。

ともかく、まず、SUICAを登録しないといけないのであるが、会員メニュー ~ 登録情報の確認・変更/退会 ~ ICカード情報の登録・変更・削除で行う。何と、この登録だけはPCで可能。ああよかった、スマホで16ケタの番号を入力するのは拷問だからなあ。ともかく、自分の分を入力。あとは、家の人の分を何人分か入れて行かねば、、、。

(父の想い出)長野の善光寺参り

別にお参りに行ったわけでは無く、アマチュア無線の国家試験を受けに長野まで、電話級(4級)と、電信級(3級)とで都合二回も行ったのである。1976年の春と、1978年の春だった。一回目のときは何とか日帰り出来たのだが、二回目は試験の時間の都合だったのか、どうしても現地で一泊せざるを得ず、ビジネスホテルを予約して貰ったのを覚えている。ホテルや国鉄の切符の手配は全て父にやって貰った。仕事の後、新潟駅まで行って買って来るのは今考えても大変(車を駐車場に入れないといけない)であろうから、きっと、川端町の会社の近くの古町通の交通公社(JTB)か何かに電話で予約し、手下のOLを出向かせたに違いない。
ともかく無事に信越線で往復し、ホテルの宿泊も無事に出来た。どういう電車に乗ったのか、特急だったのかとか、何を食べたかなども全然覚えていないのだが、電信級の試験を受けたあと、蔵春閣から駅まで戻る途中の善光寺にお参りし、真っ暗闇の回廊を手探りで回る「お戒壇巡り」なるアトラクションを楽しんだのを覚えている。

試験は無事に合格したのだが、その数か月後、母親が白血病で急逝し、父も尿道結石で入院(手術直前に石が出て事なきを得た)したり、大変なことが立て続けにおきたが、幸いなことに、自分の体も心もそういうことに十分耐えられる年頃になっていたのが不幸中の幸いだった。これがもう数年前だったら、一体全体どうなっていたことか、、、、。


現在、長野行きの電車を乗換案内で調べると、一番速いのは高崎周りの新幹線。そして、一番安いのは高速バスである。当時、信越線経由でどういう風に長野まで行ったのか、路線の一部が廃止・第三セクター化した今、皆目、分からなくなってしまった。妙高とか赤倉とか言う特急に乗って行ったのだと思うのだが、、、。

(後記)3/21、AmazonKindle版の復刻版時刻表'80を購入。それによると、急行赤倉は一日一本で、新潟(0913)発で、長岡を出て宮内(通過)から上越線と分離して、柏崎、直江津妙高高原、長野(1258)、と約三時間半ちょっとで行っていたらしい。終着は名古屋。
現代だと、高崎周りの長野新幹線で2時間ちょっと、上越妙高経由で北陸新幹線で3時間ちょっと、そして圧倒的な安さで高速バスが三時間半なので、もし今、中高生だったら、バス利用だったに違いない。
それから、中学三年のときに日帰り出来たのは、試験時間の関係(電話級は実技がないので短い)だけでなく、急行赤倉の便数も一日一便ではなく、もっと多かったせいではないだろうか。

久し振りにKiwamiでTravelSIM

Kiwami(Freetel 極)の電源を入れてアプリのアップデートをしながら、TravelSIM(XXXX-9966)でメイン機に向かってSMS発信。あっさり到着。なんか、繋がるかどうか気にするとなかなか3Gを掴めないのだけれど、何も考えずに居るとあっさり捕捉してくれるようだ。Softbank 3Gをアンテナ1~2本で捉まえている。都会の中心なのに、、、。