magcupの日記

何でも引き付けるカップ、magcup

チタンマグポット500でコーヒーを

コーヒーを飲んだのではなく、電磁調理器でお湯を沸かして、ドリッパにお湯を注いだ。注ぎ口が付いているので大変良い。
しかし、、、手元には既にスノーピーク:450、300、450ダブル、カフェプレス、エバニュー:500、900、と合計6個のカップがある。
この上さらに、チタンティーポットかチタンパスタも買おうと言うのであるがさて、、、。

ミニキャノンコネクタ到着

楽天買い廻りの際に、チヨトクで注文していた、ミニ・キャノンコネクタ1個(M-XL-3-11M)、が到着。もちろん、AKGのヘッドホン用。
四つのパーツに分解され、接続(はんだ付け)は楽そうなので安心。既にケーブルを切ってBTアダプタに繋いでいるので、予備用として保管。

電磁調理器で動くものと動かないもの

可否は単なる底面の大きさでは無いようだ。一旦ダメなものは、置く位置をずらしても回復したりしないし、逆にOKなものは、どう置いても大丈夫なのだ。
そして底面の凹凸だけでもない。マルチクッカーの鍋がダメなのは当然で、これは底の中心が広く凹面になっているから。
しかし、Optimusのケトルがダメだったのは意外。底面は広いし凹溝の幅は狭く、中心部は広く密着するはずなので。
スノーピークのマグ300が逆に大丈夫だったのはこれもびっくり。こんな小さいのがなぜ大丈夫なのだ?


ここで、底が完全に凹面(周辺が凸)のステンレス製マグカップを乗せてみて理由が分かった。こいつはOKなのだ。よって、アルミ・銅がダメと言うことか。ステン製のイブリック買おうか、、、。

エレコムのオーディオレシーバー二台目

elecom LBT-PAR01、楽天で何と¥780税込で売っていたので速攻購入。送料が550円だがそれでも安い。
速攻で、HD25とQ701に取り付けてBTヘッドホンズ二台体制。

電磁調理器、使い初め

エバニューのチタンマグポット900で使えた! ほっとした。
チタンの電気抵抗は、銅やアルミの数十倍なので心配したが、ステンと同程度なので大丈夫だったのだろう。

マグポット900のサイズは、ぎりぎりちょうど袋入りラーメンが入るので、こりゃまた素晴らしい。

Bluetoothドライバ(Wndows7)

サポートが終わったWin7、これからである。
PrincetonのドングルPTM-UBT5が、MSドライバ(Generic)だと、各機器への接続・切断の明示的メニューが無いので、どうもelecom PAR01の動作がおかしくなる。スマホへやRealtekドライバ(Realtek BT4.0 Driver、MS BT emulator)を積んだPCへは確実に繋がるのだが、、、。
仕方がない。ドライバを入れ替えよう。最初、ドングルもelecomのやつと思い込んで、elecomのサイトからBluesoleilを入れたら「金払え」と言われて断念。表示は「低速なら使わせてやる」と言うメッセージだったと思うのだが、実際は転送が一瞬で切られてしまう。ドライバの削除は、デバイスの削除だけではダメで、アプリもアンインストールする必要がある。Bluesolelは昔から、言うことは大そうなのだが内容がろくでなしだ。
結局、Princetonのサイトで、Toshibaの専用ドライバ7.00.05をダウンロードして入れた。デバイスマネージャ―では、四つのドライバが見えて、Bluetooth(以下BT)RFBUS、RFCOMM、RFHD、そして結局、Generic Bluetooth Radioも入っている(MS何とか、は無い)。ダンゴ虫の色が、MSのよりも薄く、Bluesoleilよりも濃い。一点注意することとして、このToshibaドライバでのオーディオ接続はPC側のリロードでは上手く行かないことが多く、スタック側で、切断・接続を行う必要があるようだ。やっぱりWin7の限界なのか、、、。

ともかくこれで確実にelecom PAR01に繋がるようになった。今、エレコム楽天サイトで訳ありのアダプタ¥700と言うのを追加で注文中。

接続されていてリンクアイコンが出ていて、音量インジケータもしっかり振れていたとしても、一旦切断して繋ぎ直さないと音は出ない、Toshibaドライバ


magcup.hatenablog.jp

使えなかった電磁調理器、馬鹿はmagcupだ

しばらく前にイブリックを購入し、それが電磁調理器で使えなかったので、トラベルクッカーを買って、その電熱器で無事にイブリックを稼働させた。
クッカーに付属のラーメン鍋はイブリックに比べると大分、大きそうだったので、「小さめの電磁調理器」なら行けるンじゃね?と思い込んで楽天で購入。結果は、、、、
イブリックはおろか、ラーメンクッカーもダメだった。とほほ。何に使おう、電磁調理器。

BluetoothオーディオレシーバとWindows7

以前、Win7はBTと相性が悪い話をメモした(Win7以前は論外)が、そのWin7で、オーディオレシーバ(elecom LBT-PAR01など)がつながらないことがある。Bluetoothのメニューからステレオ接続の設定に行けないのだ。
ドングルがカスなのだと思い込んでいたら、今日、接続出来ている他のPCと比較して、ようやくやり方が分かった。

オーディオレシーバの接続には三箇所の設定がある。

  1. Bluetoohメニューでペアリングされているのを確認
    • BTのスタックによって、「ヘッドセット操作とコンフィギュレーション」のメニューが出たり出なかったりする。出なくとも心配しない。
  2. バイスのプロパティで必要な「Service」がチェックされているのを確認
    • 必要なのは「オーディオ シンク」のみ。他をチェックすると機器を繋ぎ替えた際にエラーになることが多い
  3. オーディオ出力メニューで「既定のデバイス」にする
    • ステレオの方を選ぶこと。もし、モノラルのデバイスが表示されていたら、上のサービスで余計なのをONにしてしまっている。

以上を全てちゃんとしないとつながらない。さらに、一回は繋がっても、別の機器に繋ぎ直す際にエラーになる。

安い方を改造

ヘッドホンで「安い方」と言えば、ゼンハイザーのHD 25-SPIIに決まってる。コードが左右、別出しなので、まず、イヤーカップを上下逆さにしてヘッドバンドにセットして、コードが上側に出るようにした。そして、PAR01を、少し斜め位置に付ける(てっぺんは、スポンジが付いているのでクリップ出来ない)ことにして、そこまでの長さにコードを切断。
以前の経験を元に、しっかりハンダを盛って、最後の一つの手持ちのノイトリックプラグに取り付けた。ちょっとコードが短過ぎたかも知れぬが、ともかくすっきりまとまった。

お出かけしてみるか?

慎重にハンダ付け
HD-25SPⅡBTの完成

アマガエルを改造

本体を改造したわけでは全くないのだが、、、、AKGのヘッドホンQ701のケーブルをぎりぎりまで短くし、Neutricのミニステレオプラグを付けて、ElecomのBluetoothレシーバーを繋いだ。
もともと、HD25でやろうとしていたことなのだが、Q701のケーブルが異常に長かったので試したところ大変良いので自分でもびっくりしている。
いずれ、LBT-PAR01を買い増しして、HD25でもやろうと思った。

ケーブルを切断して、ノイトリックのプラグと合わせる
ハンダ付けを慎重に、、、
PAR01をヘッドバンドに乗せて、、
Q701BTの完成

≪アマガエルがやって来た≫
magcup.hatenablog.jp

電気ガマの内蓋再度購入

蒸気が漏れるようなので、買い替えてみた。楽天で1,650円+送料660、合計¥2,310。本体は既に製造中止で、今回の蓋も互換性保証ではあるが、別機種用らしい。

magcup.hatenablog.jp

ガンダムマーカーでLEDを減光出来なかった、、、

もちろん、ガンダムマーカーは、そういう用途でなく、プラモデルの塗装用だったのを、linear_pcm0153さんが「機器の目盛入れ」に活用されていたのだが、もしかして、と思い、眩しすぎて困るLEDの表面に塗ったら減光されるかも、とやって見た。
青色も赤色も全く減光されなかった、、、、。

寝るときに枕元で充電のLEDが眩しかったり、あと、スマカメ(webカメラ、絞り調整機能なし)で、装置をモニタする際に、LEDの光が強すぎて肝心の表示部分が見えなくなったりして困っている。LEDに被せるか塗るかして減光するモノ、無いか知らん。

ぼたっとインクを垂らせばしばらくは減光するがいずれ透過してしまう

サンダーバード2号バッグ、二つ目

常時持ち歩き用に、ブルーのを追加購入、スノーピーク・ポケッタブル デイパック(UG-62200)。ヨドバシにて¥8,140、ポイント支払。Tumiバックパック、ネリスのサイドポケットにぎりぎり入った。
買い物袋としても大変良い。

Tumiネリスのサイドポケットに入る

magcup.hatenablog.jp